処方箋不要で購入できるコンタクトレンズ通販サイト

コンタクトレンズ処方箋の解説と処方箋不要で購入できる理由、処方箋不要で購入できる優良サイトを紹介致します。

*

定期検査の必要性

コンタクトレンズは高度管理医療機器

高度管理医療機器とは、別の項目でも説明したように、何かトラブルが発生した場合、人体に与えるリスクの高い医療機器のことを指しています。



つまりこれだけ広く普及しているコンタクトレンズであっても、使用方法を誤れば重篤な眼障害を引き起こすということですね。

特に昨今、装用感のとてもいい使い捨てレンズの利用者が増えています。装用感の優れたソフトコンタクトは、軽微なキズや炎症があっても、違和感を感じにくいのです。

眼障害

そして自覚症状として不具合を訴えるころには、障害の程度が進行していると言うケースが意外と多いのです。

そのため、自覚症状がなくても、目の表面に炎症やキズなどがないか否かのチェックを定期的にすることで、未然に眼障害を防ぐことができるわけです。

定期検査は義務ではない。

定期検査の受診に関しては義務化されているわけではありません。従って眼科医と言っても患者さんに定期検査を無理やり受診させることはできません。


新しくレンズを作成した場合やレンズの種類を変更した場合など、きちんと指定された定期検査を受診していれば、大抵は目に合わなかった場合交換してくれます。しかしその検査を受診しなかったために交換してもらえなかった等と言う話も耳にします。

しかしそれはある意味、眼科との約束事ですから、それを守らなかったということであれば仕方がないかもしれませんね。

いずれにしてもコンタクトレンズの利用者が、自分の眼の為に必要だと思わない限りなかなか定期検査の受診率を上げるのは難しいかもしれませんね。

ただ、調子がよくないのに無理にコンタクトを使用し、忙しいからと言って我慢をして検査にも行かなかったがために、症状が悪化し、治療を長引かせてしまった経験のある人は意外にも多いと思います。

本当に気をつけなくてはなりませんね。



公開日:
最終更新日:2017/10/20

スポンサードリンク