処方箋不要で購入できるコンタクトレンズ通販サイト

コンタクトレンズ処方箋の解説と処方箋不要で購入できる理由、処方箋不要で購入できる優良サイトを紹介致します。

*

処方箋の発行のみを拒む眼科

この問題に関してはよく耳にする問題です。

この点に関しては、厚生労働省が原則としている「医販分離」の観点からも問題となるケースです。

営利目的の販売店と公共の医療を目的とした医療機関の役割を明確に分けて分離しなくてはならないわけですが、コンタクトレンズの業界では古くから、販売店と眼科とのタイアップ形式が一般的でした。

既存のコンタクトレンズ量販店の横、もしくは隣、あるいは近隣のビルに眼科があり、当たり前のように「検査に行って下さい」と眼科を指定され、眼科では処方箋を渡され、これまた当たり前のように「販売店に持って行って下さい」と言われるわけですね。




本来の「医販分離」の原則に則れば、患者さんがどこの眼科で検査を受診しようが、どの販売店でコンタクトレンズを購入しようが任意に決定できるはずなのです。

ところが、多くのお客様が眼科に対して「コンタクトレンズの処方箋だけが欲しい」と申し入れをするとこの様に返事が返ってくるのです。

「自分のところでコンタクトレンズを購入しないのであれば、処方箋は出せません」


検査を受診するのも、レンズを購入するのも患者様、お客様です。より便利な眼科、より安く、早く購入できる販売店を選択するのはごくごく当たり前の行為です。

ところが実情はこうなのです。このことは言うまでもなく、診療報酬、コンタクトレンズ販売に伴う利益追求のためのものでしかありません。

勿論、眼科もコンタクトレンズ販売店も経営していくために適正な利益は必要なのですが、そのために本来あってはならない状況に陥っているのです。

では、どのようにしてそれを回避するか?予め眼科に連絡をして、「コンタクトレンズの処方箋だけを頂けるかどうか」の確認を取ると言うことです。

そうすることによって、少なくとも眼科の窓口でもめることは回避できますね。



公開日:
最終更新日:2017/10/20

スポンサードリンク