処方箋不要で購入できるコンタクトレンズ通販サイト

コンタクトレンズ処方箋の解説と処方箋不要で購入できる理由、処方箋不要で購入できる優良サイトを紹介致します。

*

処方箋記載のコンタクトレンズデータの意味

コンタクトレンズ処方箋の記載内容は別途触れましたが、その中にある「処方データ」について説明します。

処方箋の中にあり記載事項の中で一番重要なのが、処方データです。



このデータに抜けがあったり、誤りがあればそれこそ大変なことになります。

以下、簡単に処方データに必要なデータと意味について説明していきます。

BC(ベースカーブ)

このデータは、ハードコンタクトにもソフトコンタクトにも存在します。レンズの内側の曲がり具合の程度を表したものです。

ハードコンタクトは7.80、7.95、8.15など、0.05間隔で設定されている商品がほとんどですが、一部0.1間隔の設定の商品もあります。



一方ソフトコンタクトのBCの一例を挙げると8.40、8.60、9.00などです。ハードコンタクトとソフトコンタクトは柔らかさも形状も異なりますので、BCを共有することはできません。

つまりソフトコンタクトのBCでハードコンタクトは注文ができないと言うことです。逆もしかりです。

PWR(パワー)

コンタクトレンズの度数のことです。マイナス表記がついていれば近視を矯正するレンズ、プラス表記がついていれば遠視を矯正するレンズです。

レンズによってはPの一文字で表しているレンズもあれば度数の単位であるD(ディオプター)と表記しているレンズ(J&Jのレンズがそうです)もあります。

ハード・ソフトコンタクト共に度数の間隔0.25間隔になっていますが、ソフトコンタクトの場合、メーカーにもよりますが、-6.00を超えると0.50間隔と言う規格のレンズもたくさんあります。

DIA(ダイアメーター)またはS(サイズ)

これはレンズの直径のことです。ハードコンタクトの場合、多くは標準サイズとして8.8mmを採用しているメーカーが多いのですが、東レのように9.0mmを標準サイズにしているメーカーもあります。ニチコンのように8.9mmを標準サイズにしているメーカーもあります。

ソフトコンタクトの場合は14.0mmや14.2mm、デカ目のカラコンなどは14.5mmなんて言うDIAを採用しているメーカーもあります。ハードコンタクトはほとんどが選択必須ですが、ソフトコンタクトの場合、サイズの選択が必要なメーカーはシード2ウィークピュアやアイミースーパーソフトくらいなのではないでしょうか。

以下乱視用や遠近両用タイプなどに必要なデーターです。

SPH(スフェアー:球面レンズ)

「SPH」とは近視や遠視を矯正するレンズのことをいいます。そういう意味で言うと「SPH」は「PWR」(度数)の中の一つに含まれることになります。通常タイプのコンタクトレンズの場合、ハードも、ソフトも乱視の度数は含まれていませんので、PWRと言えばSPH(球面レンズ)のことを表しています。

CYL(シリンダー:円柱レンズ)

「CYL」は乱視を矯正するレンズのことをいいます。従って「SPH」と同様「CYL」も「PWR」(度数)の中の一つと言うことになります。

「CYL」をコンタクトご注文時に選択するのは乱視矯正用コンタクトの時だけです。ただ近視や遠視を矯正するレンズとは異なり、選択肢は-0.75、-1.25、-1.75、-2.25などの3~4種類のみのレンズがほとんどです。

AXIS(アキシス:軸度)

乱視には方向があります。従って矯正するときにもその方向に合わせて矯正をしなくてはなりません。その方向を示すデーターがAXISです。表記はAX180°とかAX90°などと表記します。単独で登場することはなく、「CYL-1.00 AX180°」と言うように必ずCYL(円柱レンズ)とセットで使用します。

ADD(アディション:加入度数)

ADDは遠近両用レンズのみに使用します。遠近両用レンズは1枚のレンズの中に遠用度数と近用度数があります。

ADDの選択肢もたくさんあるわけではなく、+1.00、+1.50、+2.00、+2.50等を含めおおよそ3~5種類位です。

カラー

リングタイプ、カラコン全般のみ必要なデーターです。左右敢えて別のカラーを注文する人もいますので、カラコン購入希望の人は必ずハッキリさせておかなくてはならないデータです。

公開日:
最終更新日:2018/08/01

スポンサードリンク