処方箋不要で購入できるコンタクトレンズ通販サイト

コンタクトレンズ処方箋の解説と処方箋不要で購入できる理由、処方箋不要で購入できる優良サイトを紹介致します。

*

コンタクトレンズ処方箋不要

コンタクトレンズユーザーの方ならだれでも一度は、コンタクトレンズを購入する際には「処方箋が必要です」と言われたことがあるかと思います。しかし法律ではコンタクトレンズを購入する際に処方箋の提示は義務付けられていませんので、ご自身が目に合っているコンタクトレンズのデータをしっかりと把握されていれば、便利なコンタクトレンズ通販サイトを有効に活用できるわけです。このサイトではコンタクトレンズの処方箋についての解説とコンタクトレンズを処方箋不要で且つ、安心して購入出来るコンタクトレンズ通販サイトをご紹介しています。

コンタクトレンズの装用人口

今や眼の悪い人にとって必需品となったコンタクトレンズ。

コンタクトレンズイメージ

現在、国内の装用人口は1500万人とも1800万人とも言われていますから、おおよそ国民の10人に1人がコンタクトレンズを使用していることになります。

そしてそのコンタクトレンズは、使い捨てコンタクトから長期装用型のソフトコンタクト、酸素透過性ハードコンタクト、種類も通常タイプから乱視用、遠近両用、カラーコンタクトに至るまで多岐にわたっています。

使い方も様々です。毎日定期的に装用する人もいれば、スポーツする時だけ装用すると言う人、着物を着用する時だけ装用すると言う人もいます。

中にはワンデータイプと2ウィークタイプ、ハードコンタクトと使い捨てコンタクトなどを必要に応じて使い分けている人もいます。


コンタクトレンズの購入方法(場所)は?

購入する場所も、治療をメインとする一般眼科で購入する人もいればコンタクトレンズ専門店に併設している眼科で受信し、専門店で購入する人、インターネットを利用したコンタクトレンズ通販で購入する人等様々です。

コンタクトレンズ専門店

コンタクトレンズの購入場所に関するアンケートによると、約4割強の人が「コンタクトレンズ専門店」を利用しているとのことです。次いで「コンタクトレンズ通販」を利用している人が、おおよそ3割強、他眼科が2割弱、「眼鏡店」が1割弱、他雑貨店などで1%弱と言う割合になっています。


コンタクトレンズの処方箋

コンタクトレンズの購入にあたり、よく問われる質問、それが「コンタクトレンズの処方箋」のことなのです。

コンタクトレンズ処方箋

現在、「コンタクトレンズ専門店」と「眼科」で購入している人を合わせると約6割にも上ります。それらの人たちはとりわけ「処方箋」と言う言葉を耳にすることが多いはずです。

両者に共通していることは、検査をして、購入すると言う方法を取っている点です。

少なからず、「コンタクトレンズ専門店」と「眼科」でコンタクトレンズを購入している人は、店頭や受付窓口で「処方箋がないと販売できないので、検査を受診してください」と言うようなことを言われた経験があるのではないでしょうか?

この情報サイトでは「コンタクトレンズの処方箋」にスポットを当て、コンタクトレンズの処方箋がどのような性質のもので、処方箋がないとコンタクトレンズは購入できないのか?などの疑問にお応えしていきます。またコンタクトレンズ処方箋不要で購入できる信頼できるコンタクトレンズ通販サイトも併せて紹介していきます。


公開日:
最終更新日:2017/10/20

スポンサードリンク